MAISTがネイティブアドを配信開始

クリック保証系のMAISTがネイティブ広告を始めたようです。

ついにMAISTがネイティブアドをリリース!!今の収益にそのままプラス出来る広告を是非体験して下さい!
【アキナジスタ】アドネットワーク「MAIST(マイスト)」 ネイティブアドの配信を開始 - CNET Japan

ネイティブ広告って自分は初めて聞いたんですが、所謂記事広告のようなもののようです。
ネイティブ広告の基礎知識 - NAVER まとめ
最近だとAntennaなんかがやってる「記事っぽいけど、商品紹介ページ」に近いですね。

ただやはり記事と似ていても広告なため、いろいろ問題はあるみたいです。
記事にそっくり「ネイティブ広告」 定まらぬ線引き  :日本経済新聞

ジャストシステムの調査では、ネイティブ広告に「ストレスを感じる」人が66.7%、「嫌悪感・不信感」を持つ人が65.0%いるほか、77.3%の人が「だまされた気分になる」と回答している。



個人的にも正直あまり印象はよくありません>ネイティブ広告
今後どうなっていくのか注目したいと思います。


スマートフォンのアフィリエイト情報はこちらから⇒スマホでアフィリエイト



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

MAISTで紹介キャンペーン実施中

スマートフォン向けのクリック保証広告であるMAISTが現在紹介キャンペーンを実施してます↓

~MAIST紹介キャンペーン実施中~今がチャンス!お友達を紹介してもされても収益アップ

紹介すると紹介した側にもされた側にもメリットがあるという、よくあるキャンペーンです。


◇新規登録者のメリット◇

対象期間の売上を50%アップ
※ただしキャンペーン対象広告サイズは以下の2サイズに限る
・320×100px
・300×250px



◇紹介側のメリット◇

メディア運営者を紹介するごとに、対象期間の売上が5%ずつアップし、最大50%までアップ。
※月間で10,000imp(弊社計測)以上のメディア運営者様につき1カウント



残念ながら期間は2014年8月1日~31日と非常に短いです。
もし気が向いたら、下記コードをお使いください。

nLSm7TCM2035

MAISTの解説:スマホでアフィリエイト



スマートフォンのアフィリエイト情報はこちらから⇒スマホでアフィリエイト



人気ブログランキングへ

アドセンスの代替広告は?

PC向けでも、スマホ向けでも、圧倒的におすすめなのがGoogle AdSense。
単価の高さは並じゃありません。

しかしながら、規約が厳しく、少しでも規約に触れると、
広告の掲載停止、最悪の場合、アカウント停止になることもあります。

なので、アドセンスが掲載できないようなサイトの場合、
別のくりkk広告を掲載するわけですが、
PCの場合、現状、あまり選択肢がありません。

昔は「楽天ぴたっとアド」とか「ブレイナー」とか色々あったんですが。。
マイクロアドもBTパートナーサービスを3月末で終了するようです。

BTパートナー 公式ブログ » Blog Archives » 【重要】BTパートナーサービス終了のお知らせ


で、PC向けのクリック保証というと、
すぐに思いつくのは

Kauli
忍者Admax
Live!Ads
i-mobile

当たりでしょうか。

この中でいうと、個人的おすすめはKauli忍者Admaxです。

単価的には忍者Admaxのほうが若干高いような気もします。
高いと言っても、アドセンスには全く敵わないですが。。

広告枠は2つとも、かなりのサイズが選べるので、
使いやすいです。

スマホについてはまた後日。

忍者Admax




Kauli

スマートフォンのアフィリエイト情報はこちらから⇒スマホでアフィリエイト



人気ブログランキングへ

アフィリエイトまとめ記事

月収52万円のプロブロガーが教える、ブログを継続するコツ - ihayato.書店 | ihayato.書店

最近見かけたアフィリエイトに関する記事。
ブログは1記事15分で書け」と書いてありますが、なかなか難しいです。。
それにしても52万ってすごいですね。


助かりすぎて泣いた!簡単で実践的な「アフィリエイト」まとめ | コムテブログ

こちらはよいまとめ。


スマートフォンのアフィリエイト情報はこちらから⇒スマホでアフィリエイト



人気ブログランキングへ

コンテンツ連動型広告の認知度


検索連動型広告とコンテンツ連動型広告の認知度アンケートの記事があったので、ご紹介

検索連動型広告とコンテンツ連動型広告をそれぞれ知らない割合は

検索連動型広告:11.7%
コンテンツ連動型広告:27.8%

コンテンツ連動型広告のほうが2倍以上、認知度が低い結果に。
まあ、検索のほうはあからさまに関連した単語が出てくるので、認知度が高いのは当たり前なわけで。

逆に
広告が連動していることが分からない=より自然
とも考えられるので、認知度が低いのは逆にいいことなのかもしれません。

また、「、クリックしたくなる広告の種類」は
「バナーや画像、Flash など(バナー・レクタングルなど)」
が最も高いとのこと。

個人的にもこれは感じます。
テキストは位置にもよりますが、画像に比べるとクリック率は低いです。


認知度が低いコンテンツ連動型広告―定期調査「ネット広告」(1) - japan.internet.com



スマートフォンのアフィリエイト情報はこちらから⇒スマホでアフィリエイト



人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。